Blog

いつも身体のどこかに不調があるのですが、どうすれば良いでしょう?

 

おはようございます。
昨日に続き、秋空が高いですね。

先日「最高の自分覚醒プログラム」のあと
ウキウキ継続コースを受けて頂いているMさんと
お目にかかりました。

商社マンで、いろいろな関係者と折衝&
協力関係を保つ為に、かなり遅くまで
働いていらっしゃいます。

「最高自分覚醒プログラム」を受けて
頂いたのも、胃腸の不調を改善したい!という
ご要望からでした。

Mさんを拝見していると、いたって
元気そうなのに、細かい不調が氣に
なられるようです。

それはあるきっかけからのようです。

Mさんは健康が当たり前の方でした。
それが大学の卒業旅行の際に、高山病になり
現地の病院に担ぎ込まれ、それ以来
ちょっとした不調がとても気になるように。

一方私は生まれつき喘息で、毎晩の
ように発作が出ていました。

普通に息が出来る事が珍しい、
そんな幼児期でした。
ですから、
「息を吸ってはければ、健康」と
思っています。

ちょっと荒療治ですが、Mさんには
「呼吸が出来ていれば健康!大した事ない!」
位にかまえていてください。

そして不調でない身体の箇所に感謝して
過ごして頂くようにお願いしました。

ご縁を頂いた当初は、会社の体制や人間関係の
お悩みもあったのですが、すでにその辺りは
解消され、後は「寝付きが悪い」位になられ
ました。

カッコイイ商社マンのMさんは
地球の反対コロンビアでご活躍が
決まったようです。

私のプログラムを卒業されて、
しばし日本からも羽ばたいていらっしゃいますね

*************************
1.今回の解決のテーマはどんなものですか?
眠りが浅い

2.解決のヒントはどのように得られましたか?
氣にしないですごす

3.現地に出張されて、海外赴任についての考えは
どのように変化されましたか?
コロンビアに行く方が、自分の可能性が
広がる!と思えました。

4.健康に関する捉え方、体調の氣になり
具合はどう変わりましたか?
「意外と大丈夫」と自分を扱う事で
氣にならなくなりました。

5.前回からのご自身の内面&行動にどんな変化が
ありましたか?
コロンビア赴任を前向きにとらえられるように
なりました。
*************************

%e9%a2%a8%e9%82%aa

まさに病は氣からですし、
ピンチだけがチャンス!の事例ですね。

前回Mさんは、この辞令を受けて転職を
考えていらしたようです。

Mさんにとって日本は狭すぎる!という
感じなのですねー